納言(芸人)の薄幸はめまいの病気?漫才などのネタも紹介!【アメトーーク!】

お笑いコンビ「納言」がアメトーーク!に出演!

最近ネタ番組にも出演している注目の男女コンビです。

また、薄幸(すすきみゆき)さんはとある病気に悩まされているとか。

そこで今回は納言や薄幸さんについて、色々と調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

納言

引用:太田プロダクション

左:安部 紀克(あべ よしかつ)

生年月日:1992年6月12日

出身地:埼玉県

コンビの役割:ツッコミ担当

右:薄 幸(すすき みゆき)

本名:小泉 美由紀(こいずみ みゆき)

生年月日:1993年1月24日

出身地:埼玉県

コンビの役割:ボケ担当

薄幸さんはワタナベエンターテインメントの養成所「ワタナベコメディスクール」の13期生です。

2010年10月に女性コンビ「朝一番」を結成するも2015年3月に解散、その後はピン芸人として活動していました。

コンビ時代は小泉みゆきという名前で活動していましたが、ピン芸人になった時にビートたけしさんの番組に出演し、「幸が薄そう」というイメージからビートたけしさんに現在の薄幸という芸名を付けられました。

相方の安部さんは2013年に東京アナウンス学院を卒業後、「すとろんぐカラ〜」というコンビで活動していましたが、2016年11月に解散。

そして安部さんが薄幸さんを誘い、2017年1月に「納言」を結成。

メイプル超合金相席スタートゆにばーすなどの男女コンビが脚光を浴びていることから男女コンビを組もうという風に安部さんは考えていたようです。

その後、2018年のM-1グランプリで準々決勝進出、フジテレビで放送されたツギクル芸人グランプリで4位になるなど、今後注目のお笑いコンビです。

色んな街をディスるネタが面白い!

納言は基本的に漫才を行うコンビで、勧誘やナンパされても断るといい、漫才コントに入るスタイルが多いです。

そしてタバコを吸いながら色んな街をディスるのも特徴です。

調布の女は笑顔が汚いって偏見だらけですね(笑)

他にも「神田の女はすぐに金券ショップに入る」「池袋はバイオハザードみてぇな街だな」「蒲田に来たら生きて帰れない」など、バリエーションは豊富にあります。

ディスりながらも笑えるポイントを付いているのが素晴らしいなと思いました。

そして街をディスりながら吸うタバコが美味しいというフレーズも面白いです(笑)

薄幸さんは喫煙者ということもあり、タバコを吸うジェスチャーに貫録さえ感じます(笑)

スポンサーリンク

薄幸はめまいの病気?

薄幸さんはとある病気にかかっており、世界仰天ニュースでも紹介されました。

15歳の時からめまいに悩まされていて、酷い時は起き上がるのも難しいほどだったそうです。

めまいがくるかどうかは朝の時点で決まり、何度か病院に行っても、疲れなどと診断されて改善されなかったとのことです。

そして20歳の時に彼氏と同棲していたのですが、その時にめまいが襲ってきました。

彼氏におんぶされながら病院に連れて行ってもらうと、良性発作性頭位めまい症と診断されました。

この病気はめまいが起こっている最中でないと診断できないので、今まで分からなかったみたいですね。

現時点ではちゃんとした治療法はないのですが、めまいが起きた時に症状を治す体操をしているそうです。

なかなか大変な病気ですが、病名と症状の改善方法が分かっただけでも安心したのではないでしょうか。

アメトーーク!のもっと売れたい芸人に出演!


アメトーーク!ではもっと売れたい芸人に出演!

こう見ると薄幸さんが紅一点ですね。

なんとなく千鳥の大悟さんに気に入られそうなイメージです(笑)

街をディスるネタも飛び出すのか注目ですね!

まとめ

今回は納言や薄幸さんについて、まとめてみました。

今は男女コンビのブームが来ていると思いますし、更なる飛躍が期待できますね。

M-1でも頑張って決勝まで行ってほしいです!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする