林和泉の年齢や経歴が気になる!文喫の場所と入場料は!?【セブンルール】

2020年9月8日放送のセブンルールに出演の林和泉さん

日本初の入場料のある書店「文喫」の副店長をされています。

林和泉さんのことも文喫のことも気になりますね。

そこで今回は林和泉さんの経歴文喫について調べてみました。

スポンサーリンク

林和泉の年齢や経歴

林和泉

名前:林 和泉(はやし いずみ)

生年月日:1992年

年齢:28歳

出身地:岐阜県

林和泉さんは2014年に日本出版販売株式会社へ入社。

通称「日販」で出版物の流通などを行っている大手です。

元々本にまつわる仕事をされていたようですね。

営業の仕事をされていて

紀伊國屋書店の売り上げ改善などを担当されていました。

2017年からは新規事業の立ち上げを担当。

その事業が「文喫」です。

そして2018年12月に文喫をオープン!

林和泉さんは副店長を務めていますが

オープンの2ヶ月前に任命されたとか(笑)

とても無茶ブリに思えますが

林和泉さんが評価されている裏返しでもありますね。

文喫の場所と入場料は!?

ここで文喫の基本的な情報を紹介します。

住所:東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル1F

アクセス:地下鉄日比谷線・大江戸線六本木駅 3・1A出口より徒歩1分

営業時間:9:00~21:00(L.O.20:30)

電話番号:03-6438-9120

定休日:不定休

入場料:平日1,500円(税別) ※土日祝1,800円(税別)

※18時以降は1000円(税別)

ホームページ:https://bunkitsu.jp

駅からとても近いので便利ですね。

そして文喫の特徴が入場料があること!

この狙いはお客さんのモチベーションを高めることだそうです。

その分、お客さんの期待値は上がるので大変そうですが、そこがやりがいでもあると思います。

本の種類も約3万冊あるので、

期待を裏切られる心配はなさそうです。

そして文喫のこだわりが

「1タイトル1冊」しか置かないこと!

一般的な書店だと

人気の本は平積みになっていて

たくさん在庫があると思います。

しかし文喫は1冊しか置かないことによって

たくさんの種類の本を置くことができるメリットがあります。

他の書店との差別化を図る意味もあるのでしょうね。

また、飲食できるスペースがあったり

仕事をしていても構わないそうです。

本を楽しみつつ、

くつろげる空間というのが最大の魅力かもしれませんね。

ただし、再入場は不可なのでご注意を。

スポンサーリンク

文喫は評判が良い!入場が規制がかかることも!?

文喫の評判を見てみると

かなり好印象のようでした。

お店のコンセプトがちゃんとお客さんに伝わっているようですね。

このように人気があるお店なので

入場規制がかかることもあるようです。

コロナの影響で営業時間を短縮したり

席の間隔を空けている影響があるのでしょうね。

セブンルールが放送されたら

さらに混雑する可能性も。

お店としては嬉しいですが

常連さんは少し困るかもしれません(笑)

まとめ

今回は林和泉さんと文喫について、まとめてみました。

首都圏以外の方は現状行くことは難しいかもしれません。

コロナが落ち着いたら

一度足を運んでみるのもいいかもしれません。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

2020年8月18日放送のセブンルールに出演される竹下真由さん。 九州にある「竹下製菓」の社長さんです。 九州の人にはお馴染みの...
フードエッセイストの平野紗季子さんがアウトデラックスに出演! フードエッセイスト・・・ 初めて聞く肩書です。 今回平野紗季...
スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする